読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美肌になりたいなら睡眠不足は厳禁。睡眠不足でニキビが大量発生!

睡眠不足が続き肌トラブルが相次ぐのは危険です。今回は睡眠とニキビの関係を分析し、美肌を手に入れる方法を説明していきます。

基本的にダメージを受けた肌は睡眠中にケアしていきますから、睡眠リズムが乱れれば肌のケアカは大きく低下します。ストレスによって交感神経が活発になると男性ホルモンが大量に分泌されてしまい、肌バリア機能が波状し皮脂分泌量が増加してニキビが発生しやすくなってしまうのです。

実は男性ホルモンには皮脂過剰を招き、さらに角質の柔軟性を失わせて角栓の詰まりを誘発する作用があるのです。ニキビは毛穴が角栓で詰まり、さらに皮脂が溜まってしまうことによって発生しますから、男性ホルモンはニキビ発生を引き起こす2つの原因、その両方を招いてしまいます。以上から、ニキビ予防を考える上ではストレスによって交感神経が刺激され、男性ホルモンが増える、という流れを断ち切る事が重要なのです。

睡眠不足が肌に大きなダメージを与える仕組みは上記で述べました。しかし実は長時間寝れば良いというわけではありません。なぜなら肌の新陳代謝が活発に行われるのが、就寝から3~4時間だからです。ニキビ予防をする場合は、寝る時間を増やすのではなく、質の良い眠りを目指すほうが合理的といえます。

睡眠不足が続くと、肌の再生に必要なターンオーバーが起こりやすくなります。そして睡眠不足そのものがストレスとなってニキビが出来やすい状態に陥ってしまいますので、気を付けましょう。